岐阜県岐阜市の動物病院、けやき通りの動物クリニックは、岐阜市中心部で土曜・日曜も診察。ペットホテル併設。

 

 
 
 
 

消化器科

膵炎


当院では、季節関係なく「元気がない」「嘔吐・下痢」

を症状として来院される患者様がたくさんいます。

このような症状は、胃腸炎などと区別がつけにくく判断が難しいのですが、

膵炎の場合だと2~3日で命を落とすこともあるのでたいへん危険です

44e38d3201d8264155d22d7657b4d480-480x360[1]


少し様子をみてみよう。。。が命取りになることがありますので、
下記の症状がみられたら、すぐに病院へ行ってください

◇食欲がない
◇フラフラしている
◇吐き続けている
◇震えている
◇丸くなって寝ている
◇拝むような姿勢
◇便の様子がいつもと違う


■さて、膵炎ってどんな病気なのでしょうか


膵臓は

食物を消化する消化酵素
(アミラーゼ・トリプシン・リパーゼなど)
血糖値の調節を行うホルモン
(インスリン・グルカゴン)

を分泌する臓器です

この膵臓で分泌される消化液の膵液は、食後に膵管から十二指腸へと出て、
そこで腸液と混ざり合って活性化し、タンパク質、脂肪、炭水化物などの
三大栄養素を分解する強い消化液になります


膵炎は、何らかの理由により、膵臓内で膵液が活性化してしまい、
タンパク質でできている膵臓本体が、膵液の酵素の消化を受けて強い炎症を引き起こす病気です。

sic_img4[1]

現代の医学では、
膵炎は一度発症すると二度と治ることがなく、
一生厳しい食餌制限 (ジャーキーなど高脂肪・高タンパクの物NG)
が必要になる、ペットにも飼い主にとっても辛い病気です


急性膵炎
突発的に嘔吐・下痢、激しい腹痛がみられ、
食事を一切食べなくなる

慢性膵炎
嘔吐や下痢などの症状が長時間わたって繰り返される


■では、何が原因で膵炎になるのでしょうか
 


最近注目されているのが【免疫介在性の問題】 です

何らかの原因で、異物を除去する反応が自己の細胞や物質にまで反応してしまい、
組織破壊を引き起こす炎症反応がおきることを言います

また、

【毒物の誤飲や特定の薬】 で発症することや

【食べ物に大きく左右される】 病気ではあります

痩せている犬が膵炎にならないわけではないし、ドッグフードだけを食べてる犬が膵炎になった例もあります。
これといった予防策はないですが、食べすぎや肥満には注意した方がよさそうですね。

万が一愛犬が膵炎になってしまったら、病気をしっかりと受け止め、
獣医師と相談しながら地道に治療していくしかありません。
 


※しかし、常に高脂肪の食事、盗み食いする、揚げ物など食べたことがきっかけで、
膵炎を発症する子も多いのは事実です。。。
犬のおねだりに弱い飼い主さんは、食いしん坊な愛犬に対して
特に注意が必要かもしれません



怖い膵炎にならないために、まずは食生活の見直しを含め、誤食の防止など
まずは飼い主様ができることをやっていきましょう

 
 
ホームページ作り方
 
RSS1.0